お茶の文化

| コメント(0) | トラックバック(0)
「飲むサラダ」と言われる、南米の飲み物がマテ茶です。
コーヒーや紅茶と並んで、世界三代飲料のひとつです。
ブラジル・アルゼンチン・パラグアイなど南米では、肉食中心の文化。不足しがちな野菜に含まれる栄養素を補うために、昔から一般家庭で飲まれています。
鉄分・ミネラル・マグネシウムも豊富。
ポリフェノールの含有量も赤ワインや緑茶よりも高いため、抗酸化作用・抗動脈硬化作用があるとされます。
カフェインはコーヒーの1/4・紅茶の1/3・緑茶の1/2と少ないので、安心して飲むことができます。
便秘や生理痛、貧血の予防にも効果的です。
肥満や生活習慣病の予防にもなり、ダイエット効果も期待できるとのことで、マスコミにも多く取り上げられるようになりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cnwm.net/mt-tb.cgi/1

コメントする

このブログ記事について

このページは、cadが2012年3月23日 20:14に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「仕事と生活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。